1

誰もが知りたいこれってホント?

「お水を飲むことによって太る」って言葉耳にしたことありませんか。

私も専門的な勉強をする前は「朝晩体重計に乗る前にお水を飲むと太るから…。」

という理由で飲むタイミングを避けていたことも。

今回はこの謎を解明します。

 

人間の体は60%が水分でできている。

まずは知っておくべきことがあります。

私たち人間の体内は半分以上が水でできています。

この水というのは非常に重要な役割をしているのです。

知らず知らずに出ている汗や尿。悲しくなると流れる涙。

もちろん呼吸をするときにも呼気として含まれています。

そしてあまり知られていないのが血液にも水分というのは含まれているのです。

水分を断ってしまうとどうなる?

まずは代謝がわるくなります。そうすると頑張って「痩せよう、痩せよう」と思っても2

脂肪燃焼もしにくく、更に汗もかきにくくなります。

 

そして身体にも危険が及ぶのです。

先ほど水分は「血液」にも使われている。というお話をしましたのを覚えていますか?

実は水分量が少ない血液はドロドロとしていて血流が悪くなります。

そうすると血液の中に一緒に流れている老廃物が段々と詰まっていき血圧が高くなります。

更に、血液の周りにある血管という「壁」がその圧力に耐えようと頑張り、壁が厚くなります。「壁が厚くなるなら丈夫でいいんじゃないの?」と思いがちですが、

実は段々と血管が固くなり、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病になってしまう恐れがあるのです。

というように「太る」の前に身体に悪影響を与えてしまいます。

 

 

体重が増えるのはなぜ?

それは一時的なものです。逆に全く水分をとらない生活をすると体重は減っていきます。

直接的に脂肪燃焼にはならないんですよね。

逆に女性は水分をとる量が一般的に少ないと言われていますので

できれば1日1.5~2リットルほどは飲むようにしましょう。

ただしこまめにとりましょう

運動不足の方はむくみに繋がってしまいます。

 

 

 

 

お水って太るの?についてまとめ

・まずは私たちは半分以上が水分でできていて断ってしまうと身体にはとても

危険なことがわかりましたよね?

・体重が増えるのは一時的なもの!敢えて断つ必要はありません。

水分は一日1.5~2リットルほど摂取して代謝アップにつなげましょう。

むくみが気になる方はプラスして筋力トレーニングやウォーキングなどの運動を

行うとさらに効率よく代謝アップになり脂肪燃焼をすることができますよ!