ウォール1

 

今大人気の「ウォールステッカー」。貼ってはがせる超便利なインテリアグッズです。

壁紙を変えたいとき賃貸の方だと困りますよね…。でも部屋や色んな「雰囲気を変えたい!」

そんな方にお勧めのアイテムです!

 

実は私も使っています。

私の家は賃貸で壁紙も白ですがそれはそれで満足しているので他の壁面インテリアで補っていますが、どうしてもこのおうちを借りるときに気になってしまったのが

バスルーム。

今回はバスルームのウォールステッカーの使い方をご紹介します。

ウォールステッカーは100円均一“Seria”で購入。

インターネットで調べるとたくさんでてきますよね。もちろんそれでもOKだと思います。

ですが低価格かつおしゃれなインテリアグッズが手に入るのはSeriaという100円均一です。

よく雑誌にも乗っていて食器から木製品のインテリアグッズまで品ぞろえが多いのが特徴です。

私も今回はそんなSeriaで購入しました!

2色のウォールステッカーを購入!

本当はSeriaに行ったときにウォールステッカーを購入する予定はなかったのですが久しぶりに行ったので物色を重ねて重ねて…(笑)イメージを沸かしながら。

 

ウォールステッカーの調定番といえば「リーフ柄」葉系のものが多いんですよね。

 

実際に店頭に置いてあったものをみたらやはりそれが多く…、さらに緑が強いものが多いんですね。

 

緑が強いものだとなんだか「安っぽく見えてしまうかな」と悩みながら「んー…」と迷いましたがとりあえず物色を続け…。

 

閃いたのが2色使いをすること!!!

というわけで少しくすんだ茶色まではいかないのですが同じようなデザインのあるものを購入しました。

 

貼るときはイメージを沸かせながら!

さぁここからが重要になってきますね。

 

実際に貼るときにどう貼ろうか…。悩む方多いと思います。なんだってここはセンスが問われるところですからね!

もちろん雑誌やインターネットを参考にしてもいいと思いますよ!

私はどちらかというと自由に発想を浮かべながら貼っていきました。

 

そして完成したのがこちら。

ウォール2照明の影響で少しオレンジかかってしまってますが…。

以前使っていたアニマルのものを少し交えながら自然と斜めに作り上げました。

このときのポイントとしてはよく見ていただくとわかるのですが、オレンジの木の下には緑の散った葉を。そして緑の場合はオレンジの散った葉を。

下手に壁全体にやるのは私の中ではパーツが大きいものでないと難しいとおもったので一つのラインのように仕上げました。

 

そしてシャワーのところには緑を多めに。3ウォール

ちらっと見えるかもしれませんが鏡にも張っています。

 

お湯につかりながら少し元気になれる、そしてリラックスできるような空間を仕上げました。

 

かかったお金はたったの216円。

こんな低価格でインテリアを改造できるなら

便利ですよね。

貼るのがセンス問われる…。と思う方はぜひ雑誌などを参考にしてください!