この本はたまたま古本屋の「詩」のコーナーで見つけたものです。タイトルに惹かれたのはもちろんのこと、なぜか私には他の本とは違ってこの本が美しく光って見えました。 実はこの本に綴られている詩は作者が不明なんです・・・